クラウドソーシングは、結局お金がかかる。

スクリーンショット 2014-08-20 23

世の中はクラウドソーシングに以降しつつあります。

ランサーズは29万人
クラウドワークスは20万人

これは、発注する側も、
デザイナーにとっても有り難い環境だとおもいます。

ですが、

私は商売をはじめたばかりの方や、
資金力に余裕がない方へクラウドソーシングはおすすめできません。

それは、満足のいく成果が出るまでにお金がかかるからです。

低価格で仕事が外注できる・・・

聞こえはいいのですが、
実際発注してみればわかるとおもいますが、
そもそも低価格で良い仕事をする人とめぐり合うのは稀です。

良い人財とめぐりあえば幸運ですが・・・

要素は2つあります。

ひとつめは、発注側が、自分たちのニーズを明確にできないこと
ふたつめは、発注側のニーズを的確に掴んで表現するには人間関係をつくる必要があること

です。

ひとつめは、意外とおもうかもしれませんが、
発注側は、自分たちが何をすればいいのか、何を望んでいるのか、よくわからない場合が多いのです。

チラシをつくりたい、ロゴをつくりたい、◯◯をやりたい・・・

・・・そこまではわかるのですが、
では、どんなチラシなの?どんな成果を望んでいるの?
なんのためにやるの?
と細かく指示・指定をするのは難しいのです。

どんな仕事か?をきちんと説明できたとしても、
仕事が上がってきたときに、
「なんか違うな・・・」となってしまいます。

なぜかというと、
自分の発想が絶対的に正しいとは思えないので、
その通りあがってきても、価値を感じないのです。
(要するに、つまらないのです)

もちろん、絶対的に自分が正しいという自信があって、
明確に仕事内容を説明できるのであれば可能かもしれませんが、
現実は難しいのです。

ふたつめは、わかる方もいらっしゃるとおもいます。

相手のニーズを掴むという状態は、
相手の情報をたくさん持っていることに比例します。

これは、文字情報だけではわかりません。
人間と人間の非言語コミュニケーションから得られる情報などには、
決定的に大事な要素が含まれるのです。

故に、相手の情報を知る・・・という事は、
相手とどれだけ一緒に時間をすごしたかで決まります。
人間関係を構築して、信頼のおける相手ではないと
渡せない情報があるわけです。

つまり、クラウドソーシングなど一度きりの仕事では、
相手の真のニーズを掴むことは難しいという事です。

それでも
クラウドソーシングを採用する場合は、
何回かテスト発注を繰り返し、相性の良い人財と出会い、
人間関係を構築していくことが大事だとおもいます。

つまりは、良い人財を見つけるためには、
クラウドソーシングといえど、
お金と時間と手間はかかると言うことです。

人財の分母は大きいので、
相性の良い人財と出会う確率も高いとおもいますが、

できれば、いきなりクラウドソーシングで発注するのではなく、
あなたの信頼できる人の人脈から紹介してもらいましょう。
結果的にはローコストで満足のいく提案が受けられます。

何回か仕事を重ね、
仕事の流れが明確にできた上で、
クラウドソーシングをする。

これが、一番ローコストに上がるやり方だとおもいます。

好評いただいてます。


どんなことでもお聞きください!!

★デザイン無料相談フォームはこちら!

http://goo.gl/bRBMed

・代表坂本Facebook

http://goo.gl/2ybd4B

・代表坂本twitter

http://goo.gl/VUzScs


※ お問い合せはお気軽にどうぞ。
 雑談レベルで構いません!

【連絡先】

[年中無休 24時間相談受付]
 携帯:090-7560-9445
 スカイプID:sakarok
 Facebook:http://goo.gl/2ybd4B
 Mail:k.sakamoto1013@gmail.com
 TEL:050-5532-1114
 FAX:029-307-8220

コメント


認証コード6694

コメントは管理者の承認後に表示されます。